スタッフブログ|2011年2月

  1. ホワイトデーの贈り物 [2011年02月26日]
  2. 手技の美しさ [2011年02月20日]
  3. 鳥取生まれの着物と帯 [2011年02月11日]
  4. バレンタインの贈り物 [2011年02月06日]

ホワイトデーの贈り物

2011年02月26日

2月もあとわずかです。
尾崎呉服店ブログをご覧の男性諸氏は、今年のバレンタインデーの首尾はいかがでしたでしょうか?


3月14日のホワイトデーの贈り物におすすめの品をご紹介いたします。


オリジナルティッシュケース.jpg

尾崎呉服店オリジナルティッシュケース
各¥1,575-
縮緬生地をテーマカラーに染めることから別注している尾崎呉服店のオリジナル商品です。
オリジナルティッシュケース 中.jpg
二つ折りになっており、開いてみると鮮やかな裏地の色が覗きます。
定番の茄子紺色と、春夏秋冬それぞれの季節をイメージした4色の、合わせて5色展開です。
ポケットが合計3箇所ついていますので、ティッシュだけでなくハンカチやカードなどを入れてもお使いいただけます。


麻 はし袋.jpg
麻 箸袋
各¥1,050-
麻独特のシャリ感が心地いい箸袋です。
この他にもお色がございますので、贈る方のイメージに合わせてお選びください。


岡重 ノート.jpg
岡重 友禅ノート
各¥3,150-
大正期の羽裏の意匠を復刻した鮮やかな綿布の表紙が美しく、一味違う贈り物として喜ばれそうです。
岡重ノート リフィル.jpg
書き味なめらかなリフィルも¥1,050-にて販売しております。
筆まめな方や、旅先でスケッチをなさったりする方へいかがでしょう。


春を感じる陽射しが射しはじめました。
ぜひ、新しい季節の装いを探しにいらしてください。

カテゴリー|折々の贈り物

投稿者|前田

手技の美しさ

2011年02月20日

この季節は雪の日の多い鳥取ですが、珍しくすっきりとした天候が続いていますね。
やはり晴れていると気持ちも明るくなる気がします。


さて今日は最近入荷しました着尺反と帯留めと簪を紹介したいと思います。

竺仙江戸小紋.jpg

こちらの着尺反は竺仙江戸小紋です。
江戸小紋の起源は武士の裃として使われていたデザインがそのルーツといわれています。
時代を経て男性のものから女性の着物として定着してきました。

特徴として手技による繊細なデザイン、遠目には無地に見えるような細かい柄にあります。
一見地味に見えますが、お召しいただくと品のよい小紋になります。

他の人とは一味違う、粋な雰囲気をかもし出してパーティーなどに出かけてみられてはいかがでしょう。


べっ甲帯留めカンザシ.jpg
こちらはべっ甲の帯留めと簪です。希少なべっ甲を使った商品です。
品があり、大人な雰囲気を漂わせる一品です。ぜひ上で紹介した江戸小紋と合わせて洗練された
コーディネイトをおすすめします。

江戸小紋 ¥294,000‐
帯 ¥367,500‐
(御仕立て代は含みません)

べっ甲帯留め ¥262,500‐
べっ甲簪 ¥157,500‐

カテゴリー|本日のコーディネイト

投稿者|森田

鳥取生まれの着物と帯

2011年02月11日

私たちの暮らす鳥取県は、山と海の恩恵を受けた自然豊かな土地です。

慎ましく控えめな県民性を反映したような、素朴でありながら美しい工芸品の産地でもあります。

倉吉絣 着尺.jpg

倉吉絣 花市松文着尺反
¥231,000-
素朴な風合いが魅力的な綿織物の絣の中でも、技術的に難しい曲線の表現を多用した具象的なモチーフを織り出したものを「絵絣」と呼びます。
山陰地方は、この絵絣の技術が大変発達しました。
手先が器用で、黙々と機織りに励んだ山陰の町々の女性たちが育んだ伝統産業です。
倉吉絣 アップ.jpg
この倉吉絣は、同じく鳥取の弓浜絣、島根県の広瀬絣と並んで、「山陰三絣」のひとつに数えられています。
生産量は最盛期に比べ少なくなりましたが、近年では技術を後世に伝える努力が試みられています。


弓浜絣 帯.jpg
弓浜絣 縞地やたら絣九寸帯
¥231,000-
倉吉絣と並んで、全国的にその名を知られる鳥取の綿織物です。
島根県との県境に程近い米子市や境港市近辺で作られています。
弓浜絣 アップ.jpg
こちらの帯は絵絣ではありませんが、繊細な緯糸と経糸の織りなすリズムが美しい一品です。


山下健 帯.jpg
山下健 作 
板締絣綾九寸帯
¥525,000-
染織家、山下健さんは和紙の里として知られる鳥取県青谷町にお生まれになり、染織を柳悦孝、柳悦博両氏のもとで学ばれました。
現在も青谷在住の、鳥取を代表する人気作家です。
山下健 帯 アップ.jpg
天然染料ならではの優しく深みのある色合いがなんともいえません。
奥様で同じく染織家の早苗さんとともに、青谷の澄んだ空気の中、美しい作品を生み出し続けていらっしゃいます。


尾崎呉服店は、鳥取の地に根を下ろす呉服店として、鳥取の誇るべき工芸品を、その技術が培われた鳥取の地でご覧いただくことに意味があるのでは、と考えています。
全国の様々な有名産地の着物はもちろん、私たちの鳥取で生まれた美しい着物とお客様とが出会える、かけがえのない店でありたい、と願っています。


(表示価格に御仕立て代は含まれません)

カテゴリー|鳥取の工芸品/オリジナル商品

投稿者|前田

バレンタインの贈り物

2011年02月06日

立春の日を境に、鳥取では、厳しかった寒さが少し緩みました。
昔の人は本当に四季の移り変わりに鋭敏だったのだな、と感心する今日この頃です。


節分も終わり、2月のイベントといえばすっかり定着したバレンタイン。
今年はいつものチョコレートに、プレゼントを添えてみてはいかがでしょう。
オリジナルストラップ.jpg
尾崎呉服店オリジナルストラップ
各¥1,260-


染めから別注の尾崎呉服店オリジナルリバーシブル三分紐を使ったストラップです。
シンプルながら印象的な色使いで、ちょっとしたプレゼントとして四季を問わず人気です。


帯地 名刺入れ.jpg
帯地 名刺入れ
各¥2,625-


帯地を使用した名刺入れは、見た目の美しさだけでなく、しなやかな使い心地もおすすめできる一品です。


エアカシミアマフラー.jpg
エアカシミア マフラー
各¥31,500-


とろけるような肌触りと、羽衣のような薄さが特徴のエアカシミア。
コンパクトに折りたため、専用のポーチも付属していますので、携帯に便利なのも魅力です。
ユニセックスな落ち着いた色味が揃っております。
大切な方へのプレゼントとしてどうぞ。


オリジナル三分紐や因州和紙を使用したプレゼント用包装も無料で承っております。

カテゴリー|折々の贈り物

投稿者|前田