スタッフブログ|2013年10月

  1. 長襦袢フェアのお知らせ [2013年10月28日]
  2. 「山下 健 展―着尺と帯―」開幕しました。 [2013年10月15日]
  3. 着物を着てみて思うこと [2013年10月08日]

長襦袢フェアのお知らせ

2013年10月28日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

厭わしい暑さも去り、いよいよ冬の訪れを感じるようになりました。
肌着、長襦袢、着物を重ね着する和服は保温効果に富み、
これからの季節、寒さ対策は万全と言えます。
それなら、次に目を向けるのはやはり、お着物でのお洒落でしょうか。
冬の着物のお洒落と言えば、ショールやストール、羽織やコートが一般的です。
けれど、尾﨑呉服店では敢えて隠れてしまう所、"長襦袢"に注目してみたいと思います。


袂や袖口から覗く長襦袢は、あまり表に出るものではありません。
しかし、帯揚げや帯締でお着物の雰囲気が変わるのと同様に、
長襦袢の存在感は中々侮れないものがあります。
渋めのお着物に明るい色調のものを合わせてみたり、
色鮮やかなお着物には、シックな色柄でクラシカルな雰囲気にしてみたり。
ちょっとした動作の際にちらり、と見える長襦袢でお着物の印象は
色々と違って見えるものです。


さり気なく、それでもしっかりとお着物の要素を際立たせてくれる。
長襦袢はワンランク上のお洒落を実現する、素敵なアイテムであると言えます。
この冬は是非、そうした「ちらりと覗くお洒落」を楽しまれてみてはいかがでしょうか。
尾﨑呉服店では、宝尽くし、格子、水玉など、様々な柄の長襦袢を豊富に取り揃えています。
少しでも興味、関心のある方は、お気軽に当店までお越し下さいませ。
いつもと一味違うコーディネートに、きっと冬のお出掛けが待ち遠しくなると思います。


長襦袢フェア.JPG
長襦袢フェア
2013年11月4日(月・祝)-12月29日(日)

カテゴリー|お知らせ

投稿者|都

「山下 健 展―着尺と帯―」開幕しました。

2013年10月15日

皆様こんにちは。
先日、10月12日(土)に「山下 健 展 ―着尺と帯―」が、尾﨑呉服店3階アートスペースgridⅠにてオープンしました。
当日、午後2時からのギャラリートークでは、沢山の方にお越しいただき、和やかな雰囲気でスタートしました。
お着物をお召しになったお客様も多数ご来店され、華やかな会場となりました。
トークでは、染織作家として独り立ちされるまでの経緯や、紙布や板締の制作技法のお話など、普段なかなかお聞きすることない貴重なお話に、皆様真剣に耳を傾けておられました。
また、夕方4時からは作家を囲んでのオープニングパーティーが行われました。


fjd.JPG
若女将による山下氏のご紹介


adf.JPG
トークの様子


hih.JPG
紙布の帯に使用する和紙を実際に見せていただきました。


fur.JPG
板締の帯に用いる経糸です。


jki.JPG
作家自ら説明される制作工程のお話は説得力があり、一つの作品が出来上がるまでに想像を絶する労力と時間を要することが良く分かりました。山下さんが用意して下さった資料は理解の良い手助けとなりました。


ko.JPG gdeb.JPG
質疑応答の様子


パーティー.JPG パーティー2.JPG
ギャラリートーク後の作家を囲んでのささやかなパーティーの様子
オードブルは"cafe nee"です。


山下 健 展 ―着尺と帯―
2013年10月12日(土)―12月15日(日)


"grid Ⅱ"では「尾﨑悌之助展―黒と白―」を同時開催致しております。
こちらもあわせてご高覧くださいませ。

カテゴリー|grid

投稿者|森田

着物を着てみて思うこと

2013年10月08日

皆様、こんにちは
鳥取の尾﨑呉服店です。呉服ブログ 着姿.JPG       


10月に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
このブログを書いている私は、満を持して着物デビューを迎えました。
今回は、全くの着物初心者である私が、実際に着物を着てみて
感じることを書いてみたいと思います。


着物を着てみてまず感じたのは、思いの外動きやすいという事です。
当初は着崩れが怖く、恐る恐る動いていた私ですが、今は階段の上り下り
から車の運転まで支障なく出来ます。
車を運転する、と言って驚かれた方も多いと思いますが、
実は私もその一人です。
今まで着物で車の運転は出来ない、と思っていましたが、乗ってみると
洋服の時と変わらない感覚で、ハンドルを操る事が出来ました。
力仕事は難しくても、着物の裾に気を付けていれば、大抵の動作はそつなくこなせるんですよ。

 
動作と言えば、歩き方や物を取るちょっとした動きにも気を配るようにも
なりました。
柔らかな物腰である程、着姿が本当に綺麗に見えるからです。
ペンを取る時は袂を持って、歩く時は大股にならないように。
仕草一つで、品が良くも悪くもなる。
着物姿であるからこそ、その事が良く分かるような気がします。


その他にも、帯を締めることでぴん、と伸びる背筋に、気持ちが引き締まる思いがする事、
ぱりっとした紬や、柔らかな小紋に感じる着心地の味わい。
そして、着物と小物をどのようにコーディネートするか、という様々な楽しみが着物にはあります。
最近、私は着物で外出する機会が増えましたが、着物というだけで町を歩くのも、
何だかうきうきとしてくるのです。


始めてみると奥が深い着物生活。
もし、着物に少しで興味があるという方は、是非、
日常の中で着物に袖を通してみてはいかがでしょうか。
きっと、新しい楽しみがたくさん見つかると思います。


また、もしコーディネートや着物に関する事で不安がある場合は、
遠慮なく尾﨑呉服店へお越し下さいませ。
従業員一同、心から皆様のご来店をお待ちしております。


1階尾崎呉服店では引き続き"ウール着物フェア"を開催中しております。
着物初心者の方も、そうでない方も必見です。
この機会に是非、お立ち寄り下さいませ。


カテゴリー|きもののはなし

投稿者|都