スタッフブログ|2019年9月

  1. お洒落な単衣の装いに -西村織物の九寸帯- [2019年09月04日]

お洒落な単衣の装いに -西村織物の九寸帯-

2019年09月04日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


9月に入り、朝晩はかなり涼しく過ごしやすくなりました。お出掛けも増える季
節となり、お洒落を楽しみたい今日この頃です。
今回のブログは、9月の街着にぴったりの博多織の九寸名古屋帯のご紹介です。

にしむら帯 赤 1 200px.jpg  博多帯 ブルー 3 200px.jpg にしむら 帯 2本 700px.jpg

にしむら 博多織 九寸帯         にしむら 博多織 九寸帯

 濃茶×薄茶×赤横段模様     ブルー×グリーン×グレー模様

  ¥129,600-(税込)          ¥129,600-(税込)


献上柄で知られる博多織ですが、近年、伝統にとらわれない新たな表現が注目を集めています。なかでも博多織の老舗・西村織物の名古屋帯は、モダンなデザインと上質な地風が魅力で、当店では博多織の定番として常時取り扱っています。この度、単衣向けの西村織物の九寸帯の新作が二本、入荷致しましたのでご紹介します。

いずれも微妙な透け感があり単衣に向いた軽やかな帯ですが、向かって左側のこっくりとした赤色が入った帯はこれからの秋単衣に、向かって右側の初夏をイメージさせる寒色系の爽やかな帯は春単衣に最適です。横段模様の抽象柄の帯は、季節の風情を柄ではなく色で表わすことができ、装いの幅が広がるので便利です。あわせた着物は西陣織の御召です。シャリ感のある御召は裾捌きも良く、単衣の時期のちょっとした外出着としてお勧めです。角通しのマニッシュな印象の御召に、にしむらの凹凸のある独特のテクスチャーの帯が、さりげなく着姿に奥行きを与えてくれます。着物も帯も控えめな抽象柄にすることで、草履やバッグなどの小物使いによってはエレガントにもなり、着物上級者の装いが実現します。

 

暑い夏から解放され、お洒落を満喫できる季節がいよいよ到来します。尾崎呉服店では単衣用の着物や帯はもちろんのこと、お洒落心をくすぐる秋色小物も充実していますので、是非、お出かけくださいませ。

 


 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

以前の記事