スタッフブログ

封印された時間:天羽やよい作 南部菱刺し名古屋帯

2019年12月04日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

クリスマスや新年を前に浮き浮きと心躍る季節がやってきました。街は煌びやかなイルミネーションに彩られ、人々は足早に家路へと向かいます。そんな気忙しい12月の鳥取に、素敵な手仕事の帯が届きました。

天羽 帯.jpg 天羽 帯 模様 1  500px.jpg 天羽 帯 生地 500px.jpg
天羽やよい作  南部菱刺し九寸帯 黒地  幾何学模様  *価格はお問合せ下さいませ。

 

黒色の麻地の上に生成色の緻密な幾何学模様が浮かび上がっています。一見して誰もが想像を絶する精緻な仕事に息をのむこの刺し子の帯は、青森県八戸市在住の南部菱刺しの作家・天羽やよいの作品です。

津軽こぎん刺し、山形の庄内刺し子と並び「日本三大刺し子」と称される南部菱刺しは、かつて南部藩の所領だった青森県の東部、現八戸市を中心に住む農民によって脈々と受け継がれた農閑期の手仕事でした。いずれの刺し子も江戸時代から伝わる伝統技術で、豪雪地帯であるにもかかわらず当時は麻の衣服しか纏うことのできなかった農家の女性によって、麻布の補強と保温性を図る工夫から生み出された庶民の知恵でした。

東京生まれの天羽やよいは、結婚を機に八戸に移住。東北地方の民具や野良着の収集で知られる在野の民俗学者・田中忠三郎の南部菱刺しを紹介する本と運命的な出会いを果たし、明治の終わり頃から衰退していた南部菱刺しの復活を目指します。1977年頃より独学で南部菱刺しの帯の制作に取り組み、現在、南部菱刺しを代表する染織作家として全国的に高い評価を受けています。近年の活動としては、十和田市現代美術館で開催された「田中忠三郎が伝える精神」展に、数名の現代美術作家とともに天羽やよいも参加したことが記憶に新しいところです。

写真の帯では、天羽自身が織り上げた黒のリネン地に、自宅付近の野原や林で収集した草木で染めた木綿糸を用いて、一針一針、びっしりと覆いつくすように菱刺し文様が表現されています。南部菱刺しの伝統を踏まえつつ、独自のセンスでモダンに味付けされた彼女のデザインは、一瞬にして見る者を魅了します。また、スカンジナビア半島のフォークロア刺繍に通じる素朴さと、同時に北欧のテキスタイルを思わせる斬新さも持ち合わせており、「伝統工芸」と身構えることなく若い方でも親しみやすい側面もあります。

天羽の帯はもちろん、耐久性や防寒性を高めるための技術という実用性から解き放たれた現代の南部菱刺しの帯です。しかしながら、気の遠くなるような刺し子の作業時間が布に定着されていることで、東北の長い冬が封印されたような印象を与えます。刺し子の歴史的な背景を考えてみても、麻地の帯ではありますが夏よりも冬に相応しく、冬に締めてこそ南部菱刺しの魅力が最大限に引き出されるように思います。また、これから極寒の時季を迎えるにあたり合わせる着物は、ほっこりとした真綿の結城が最適でしょう。天羽さんの帯が紹介されているミセス最新号の清野恵理子さんの着物のページでも、麻の葉文様の結城紬の着物とコーディネートされています。全工程が手仕事の天羽の帯と地機の結城紬の着物。これ以上のない究極の組み合わせで、冬を心豊かに過ごされませんか?

 

 

 

 

*当店では積極的なネット販売を致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

 

 

*12月の定休日と年末年始休業のお知らせ

定休日・・・12月18日(水)

年末年始休業 2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金)

*12月30日(月)は17時までの営業です。

(通常は18時まで営業しております)

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いします。

  

 

 

 

 

 


 

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

寛ぎのお正月スタイル:竺仙 手描き宝尽くし文様 九寸染名古屋帯

2019年12月02日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

今年も早いものでもう12月です。師走に入ると新年の装いがそろそろ気になりますね。今回のブログでは、お正月を家で着物を着て過ごしたいとお考えの方にお勧めのコーディネイトをご紹介します。


たてぶし紬 茶 コーディネート 200px.jpg   タテブシ紬 胴 300PX.jpg
     お太鼓部分                胴部分
タテブシ紬 無地 チャコールグレー
 ¥132,000-(税込)
竺仙 九寸染名古屋帯 墨黒地 手描き宝尽くし文様
 ¥297,000-(税込)

 

お正月休みをご自宅で過ごされる場合、濃地の紬が重宝します。薄色の晴れ着ですと汚れが気になり、考えるだけで億劫になってしまいますが、濃い色の紬であれば家事などをされてもさほど気にならず、ゆったりとした気持ちで寛ぐことができます。写真の紬は、深いチャコールグレーの縦節紬です。肩の凝らない素材、加えていつも仕事着で馴染んでいるグレーや茶色の着物を選ばれると着こなしやすいと思います。

とはいえ、せっかくのお正月ですから、帯はカジュアル過ぎないお洒落なものを合わせて、お正月気分を楽しみたいものですね。そんな時にぴったりなのがこの度新入荷致しました染帯です。お太鼓はもちろん胴部にも縁起の良い宝尽くし文様がたっぷりとあしらわれ、色が鮮やかで適度な華やかさもあり、お正月ムード満点です。帯の地色は真っ黒ではなく、ほのかにグレーがかった墨色なので、あわせたチャコールグレーの着物とも自然に調和します。またやわらかい雰囲気の手描きの染帯をマニッシュな無地紬に合わせると、はんなりとした女性らしさやこなれた感じも表現することができ、ワンランク上のお正月スタイルが完成します。

来年のお正月は、気分の上がる染帯で、いつもと違うお正月を満喫されませんか?

 

 

 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。 

*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールなどでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

 

*12月の定休日と年末年始休業のお知らせ

定休日・・・12月18日(水)

年末年始休業 2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金)

*12月30日(月)は17時までの営業です。

(通常は18時まで営業しております)

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

季節感を帯留めで

2019年11月15日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


秋も深まると同時に、少しづつ冬の訪れも感じられる今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
パーティーや忘年会などお出掛けが増える季節になりました。いつもと違った小物
を身に付けて会に出席されてみられてはいかがでしょうか。今回は、冬にぴったり
な可愛い帯留のご紹介です。専用の箱もございますのでプレゼントとしてもお勧め
です。

雪だるま 雪の結晶帯留 600px.jpg
左)帯留 雪だるま  赤帽子 ¥24,200-(税込)
中央)帯留 雪だるま  緑帽子 ¥24,200-(税込)
右)帯留 雪の結晶 グリーン ¥24,200-(税込)  


赤、緑の帽子と笑顔が印象的な雪ダルマの帯留です。丸みのある形からほっこりとした暖かさが
感じられ、場の雰囲気を和ませてくれます。雪だるまの帽子のお色をお着物の差し色としてお使
いになられても良いかと思います。雪の結晶はデザインもお色もシンプルですが、さり気なく季節
感を出してくれるうえ、黒や濃いめのお色の帯などに合わせられると帯留のお色のグリーンと白が
映えて綺麗な結晶が見られます。素材はガラスで出来ていますが冬でも身に付けていても違和感は
ありません。サンタやトナカイと違ってクリスマスに関係なく冬中付けて頂けます。帯留一つで、装いの
雰囲気も変わりますので雪だるまの帯留と雪の結晶の帯留を交互につけて冬のお洒落を楽しん
でみられるのも良いですね。遊び心をくすぐられる帯留です。
雪だるま.jpg



*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。




カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

お手頃な九寸名古屋帯を新入荷致しました。

2019年11月01日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


紅葉の季節になりました。少し肌寒さも感じられるようになり、ウールのお着物が恋しい今日こ
の頃です。今回は、新しく入荷しました九寸の名古屋帯でウールの着尺反とコーディネートし
てみました。街着やお稽古着として幅広く締めて頂けると思います。

水玉ウール 宝づくし 200px.jpg 宝づくし ピンク帯 500px.jpg水玉ウール グレー花 200px.jpg  帯グレー白 花柄 500px.jpg
ウール着尺反 水玉 模様 700px.jpg
手織ウール反 紺地水玉
 ¥57,200-(税込)
九寸帯 薄小豆色地 宝尽し文様
 ¥88,000-(税込)
九寸帯 白地 グレー濃淡花模様
 ¥55,000-(税込)


濃い紺地に雪を連想させる白い水玉模様が可愛い手織のウール着尺反です。冬には温かく着る
ことができ、また手織のウールならではの柔らかい風合いを感じてもらえると思います。しわになり
にくく汚れも落ちやすいので普段着として気軽に着て頂ける今の季節にぴったりなお着物です。
帯はウールのお着物に合わせ、軽くて締めやすい九寸名古屋帯です。薄小豆色の帯は宝づくし
のデザインで、小槌や宝袋、七宝、 隠れ笠など縁起の良い柄が刺繍されています。吉事に使われ
る宝づくしですが、一つ一つに良い意味があり縁起を担ぐと言う事で普段から締めてみられても良
いかと思います。落ち着いた紺地の着尺反に、明るさと女性らしい優しさをプラスしてくれる帯です。
もう一方の白地にグレー花模様の帯は控えめなお色ですが、表面のシボ感と花の濃淡で柄に奥行
き感を出しています。いずれも気の張らない帯なので、春秋冬と長い期間楽しんで頂けます。価格
もリーズナブルなため、茶道華道のお稽古着としてもおすすめです。この機会に是非いかがでしょうか。


ご夫婦でお揃いウール.png
当店でご夫婦お揃いで誂えて頂いたウールのお着物です。
草履やバッグ、ショールなど小物一式ウールのお着物に合わせてご購入頂き、
臙脂のショールが差し色として全体を明るい印象にしてくれています。トータル
的にバランスの取れた落ち着きのある秋冬コーデになりました。



*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

華やかなお席に ー総刺繍袋帯ー

2019年10月09日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

10月に入りすっかり秋らしくなりました。着物での外出が楽しみな今日この頃です。
今回は、新しく入荷しましたお洒落な袋帯で、ちょっとしたパーティーなど、華やかなお席にぴったりな
コーディネートをご紹介します。

 

竺仙 小紋反 桔梗柄コーディネート 200px.jpg 竺仙 桔梗小紋反柄 600px.jpg 帯 500px.jpg帯揚げ帯締め 500px.jpg
竺仙 江戸小紋着尺反 黒地 極柄桔梗唐草 
 ¥319,000-(税込)
袋帯 総刺繍 黒地 宝相華文
 ¥220,000-(税込)
帯揚 ちりめん無地 楊梅染 グレー
 ¥14,300-(税込)
帯締 平組 卵色
 ¥16,500-(税込)


ダークスーツの男性が多いパーティーに着物で出席される際、悪目立ちすることのない装いとして、尾崎呉服店では写真のような江戸小紋とドレッシーな袋帯の組み合わせをご提案しています。武士の裃に由来する江戸小紋は格調が高く、またマニッシュな柄が多いため、スーツ感覚でお召しいただける便利なお着物です。とりわけ遠目には殆ど無地に見える極柄の黒地の江戸小紋は、どのような色柄の袋帯も受け止める汎用性があり大変重宝します。今回は竺仙の江戸小紋に新入荷の総刺繍の袋帯、汕頭刺繍、相良刺繍、蘇州刺繍という三大刺繍があしらわれたゴージャスな袋帯を合わせました。

 

光沢のある黒色の帯地に透け感が特徴の汕頭刺繍が全面に施され、お太鼓部分には宝相華文が刺繍で大きく描かれています。華文の中央は相良刺繍で立体感を出し、その周囲に広がる花弁は美しい蘇州刺繍で緻密に表現されています。宝相華文様を取り囲むように配された唐草文様も含めて、金駒と呼ばれる金糸で縁取りされた駒縫いにより、さりげなく高級感が醸し出されています。中国に起源を持つ宝相華文は抽象化された文様ですので特に季節は問わず、またどことなくオリエンタルな雰囲気を合わせ持つので、ホテルなどの洋空間でも和服が浮くことはありません。季節感を演出したい場合は、帯揚や帯締などの小物で表わされることをお勧めします。

 

このような総刺繍による宝相華文様の袋帯は、当店でもかねてより高級袋帯の代名詞として取り扱って参りましたが、今回の新入荷の帯は、比較的値段が手頃でモダンなデザインに仕上がっているのが大きな特徴です。艶感のある黒地にシャンパンゴールドやグレージュといったシックな色合いの絹糸がふんだんに用いられ、古典を踏まえながらも宝相華文様が現代的にブラッシュアップされ、これまでの総刺繍袋帯とは一線を画しています。男性のスーツを思わせる黒地の江戸小紋の着物に抽象柄の袋帯ではなく、曲線を多用した動きのあるダイナミックな具象柄の袋帯を合わせることで、女性らしいエレガントなスタイルが完成します。後ろ姿も印象的な総刺繍の袋帯で、パーティー会場に繰り出してみられませんか?


 


 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

以前の記事