スタッフブログ

着物姿の要   平田組紐(角朝組紐・冠紐)のご紹介

2018年10月06日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


今年の夏は、大変な災害が頻繁に発生し、交通機関も乱れ、今までにないような夏でした。
涼しくなって夏の疲れを出されたりされていませんでしょうか?
気候の変化が激しい時期です。どうぞ体調を崩されませんように・・・
元気に実りの秋を、芸術の秋を、おしゃれの秋を、楽しみましょう。


本日は、着物姿の要である帯締めのご紹介をいたします。
当店では、平田組紐の、角朝組紐40色と、冠(ゆるぎ)紐80色を、この度全色揃えました。
全色を揃えているところはなかなかないと思います。
是非、全色揃った帯締めをご覧いただきたく、皆様のお越しをお待ち申し上げております。


角朝組紐   巾:約1.5㎝   無地40色    各¥16,200-(税込み) 
IMG_0327.jpg
平たいものは、礼装・単衣向きになります。
IMG_0291.jpg


冠紐(ユルギヒモ)巾:約1㎝  無地80色  各¥16,200-(税込み)
IMG_0329.jpg
冠紐は、表が中央で半分に割れているのが特徴です。
少し細目で、丸みを帯びているので、カジュアルな雰囲気になります。
IMG_0288.jpg


ご存知のように、同じ着物・帯でも、帯締め一本でずいぶん印象が変わります。
上質な着物コーディネイトを考えるとき、ポイントになるのは、帯締めです。
帯締めは、身体の中心であるため、着物のコーディネイトの要となるのは、帯締めと帯の組み合わせです。
どんなに着物や帯でセンスの良いものを選んでも、帯締め選びを間違えると何となくそぐわない感じになってしまいます。
当店でも、着物と帯を選ぶ以上に、特に気を付けているのは、帯締めや帯揚げなどの小物のコーディネイトです。
帯締めだけで季節感を表せるわけではありませんが、着物や帯が同じものでも、帯締めの色遣いで刻々と変わっていく季節の移ろいを少し先取りして、多様に表現する事が出来ます。

帯締め選びのポイントとして、上品な感じに仕上げたい時には、着物、または帯の色の中から同じ色、または同系色を取ると品良くまとまり、また、インパクトのある着姿にしたい場合には、着物、または帯のメインの色目の反対色(補色)から取られると良いようです。反対色は、帯締めより帯揚げの方が効果的のようですが、これらのセオリーを考慮されて選ばれると上手くいくのではないでしょうか。

そして、主張の強い帯には、帯に溶け込む帯締め、帯揚げを合わせると帯が生きるようです。
また、お好みにもよりますが、帯揚げと帯締めを同色にすると「野暮ったい」と言われることもあります。

余談ですが、帯締めを帯と同色でまとめると、帯締めだけが浮いて見えず、目線を高い位置(帯揚げの位置)にすることが出来るので、足長効果があるそうです。
試してみてくださいね。


この秋の装いに、今までと違った雰囲気を楽しまれるためにも、お手持ちの帯締めのコレクションの数を増やされて、季節感の表現・コーディネイトの巾を広げてみられませんか?

当店では、上記にご紹介しました角組紐40色、冠紐80色以外にも色々と揃えております。
宜しければ、お手持ちの着物・帯をご持参いただいて、お気に入りの一本をお選び頂ければ、幸いでございます。

きっと、着物をお召しになられるのがより一層楽しくなり、美しくなられる事、請け合います!


*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

秋を感じる装いに -藤井絞 辻が花九寸名古屋帯-

2018年09月29日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


肌寒さを感じるようになりました。山や街路樹を見ると葉っぱが色付き始め、
銀杏が道端に落ちているのも目にします。日を追うごとに秋の気配が色濃く
なるのを皆様も実感されている事と思います。


絞りの九寸名古屋 染帯のご紹介です。
少し厚めのお着物が恋しい季節となり、箪笥から出してみることもしばしば。
今秋は洗練された着尺と帯で一味違った秋を過ごしてみられてはいかがでしょうか。
とても秋らしいお色で、深みのある絞りの帯が入荷しました。紬のお着物と相性
が良く、今回は大島紬と合わせてコーディネートしてみました。

辻ヶ花 コーデ 400px.jpg  辻ヶ花 模様1 500px.jpg  帯締め 500px.jpg

大島r /紬 生地 800px.jpg泥染本場大島紬 着尺反 蚊絣
 ¥345,600-(税込)
藤井絞 九寸名古屋帯 額取 辻ヶ花
 ¥280,800-(税込)
さくら 帯揚 ちりめん無地 濃緑
 ¥14,040-(税込)
帯締 天然石付 茶色
 ¥16,200-(税込)

京都の老舗絞り専門店「藤井絞」の九寸名古屋染帯です。上質な紬地に立体的に見える花の模様は辻が花で、絞り染めの美しさをお楽しみ頂ける帯です。帯を締めた時、お太鼓とたれの部分を合わせるとL字型になる面白いデザインになっていて、遊び心がうかがえる帯です。しっとりと落ち着きのある茶色地に栗茶色で奥深さを出して白い花をより引き立たせています。お着物は、帯に合わせやすい蚊絣の泥染大島紬を選びました。シックなお着物と帯にグリーンの帯揚げと石付の帯締めを合わせモダンな装いにしました。美術展やコンサートなど秋の催しものにお出掛けされてみてはいかがでしょうか。ご旅行先など庭園でお抹茶を一服頂戴しながら紅葉など風情を楽しまれても良いですね。大人の女性にぴったりなコーディネートになっています。


バッグと草履 700px.jpg  バッグ サイド 500px.jpg  花緒 間道 600px.jpg
 さくら バッグ 濃緑モール
¥32,400-(税込)
伊と忠 モミ皮 綿入草履台 黒
 M寸 ¥55,080-(税込) L寸 ¥60,480-(税込)
伊と忠 花緒 抹茶・赤縞間道
 ¥10,800-(税込)

帯のお色に合わせてバッグと草履を選びました。葉っぱのグリーンと濃緑のモールバッグ、花緒はグリーンと赤縞の間道のデザインに合わせました。これからの季節にお勧めのバッグです。持ち手は、細く切った皮を巻いてあります。カジュアルなバッグなのでウィンドウショッピングやお友達とのお食事会など気軽にお持ちいただけます。お草履は綿入りで柔らかくて疲れにくくなっており、花緒がはっきりとした色合いでお足元をキュッと引き締めてくれます。いつでも気軽に履いていただけるお草履です。



*御仕立て代は価格に含まれておりません。

*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡を頂き、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ね下さいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

ちょっとしたお席に大活躍 -新入荷の九寸染帯-

2018年09月20日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


日ごとに秋の気配が濃くなり始めました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


今回のブログは九寸染帯のご紹介です。
長い期間締めて頂けてお着物に合わせやすく人気のある塩瀬の九寸染帯です。
季節の柄ではなく箔を使用してデザインされているため、季節を問わず締めて
頂けます。お手持ちのお着物にいかがでしょうか。

竺仙 角通し500px.jpg   竺仙 極角通し 生地1 650px.jpg  塩瀬600px.jpg

金帯締め 900px.jpg

竺仙 江戸小紋 着尺反 黒地 極角通し
 ¥334,800-(税込)
塩瀬九寸染帯 黒地 すり箔刺繍
 ¥248,400-(税込)
伊賀組紐 手組帯締
 ¥27,000-(税込)

この帯は黒地に金箔をほどこし、その上に金刺繍でデザインされモダンで格式の高い帯になっています。着る人の品位を上げるとともに印象を華やかにしてくれます。塩瀬の帯は、張りがあって締めやすく単衣のお着物にも合い季節を通して春秋冬と締めていただけます。小紋や紬などに合わせて、自分らしい洒落たコーディネートをされてみてはいかがでしょうか。白地に金色の帯締めで着姿全体を引き締めてみました。今回は江戸小紋の極角通しのお着物に、幾何学模様が個性的な九寸の塩瀬名古屋染帯を合わせて、スーツ感覚で着れるスタイリッシュな装いにしてみました。目上の方とのお食事会や少し改まったセミフォーマルなお席などにお勧めです。


千 バッグ 白700px.jpg  千 バッグ 白 素材650px.jpg  千 バッグ サイド600px.jpg

Sen オリジナルバッグ 鮫小紋 白
 ¥89,640-(税込)

シルバー台草履800px.jpg   花緒800px.jpg
伊と忠 ソフト皮 草履台 銀
 ¥39,960-(税込)
伊と忠 金銀刺繍花緒 白地
 ¥22,680-(税込)

バッグは丸みがありすっきりとしたデザインで、洋装和装どちらにもお持ち頂けます。開口も大きくポーチやお財布、小物なども出し入れしやすいうえ型崩れしにくいバッグです。白地で光沢のある鮫小紋の模様なので江戸小紋のお着物と合わせました。粋な装いに洒落感をプラスしてくれます。
お草履はほどよい厚みもあって履き心地が良く格調高いお草履です。お足元から見える花緒は、花唐草模様の絵柄が可愛いらしく、金銀の刺繍がさらに女性らしさをアップしてくれています。一番着る機会の多い準礼装や礼装にお履きいただけます。



*御仕立て代は価格に含まれておりません。

*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡を頂き、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ね下さいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

当店の袋帯が「きものsalon 2018年秋冬号」に掲載されました。

2018年09月06日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


赤トンボが飛ぶようになり少しずつ秋の訪れを感じる今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


本日のブログでは、現在発売中の「きものSalon 2018年秋冬号」に掲載された、新入荷の袋帯をご紹介します。


着物サロン 表紙.jpg       着物サロン 帯 雑誌1.jpg
(きものSalon 2018年秋冬号 表紙)          (掲載ページ P 80)

「きものSalon 2018年秋冬号」掲載ページ P80のモデル着用の帯をご覧くださいませ。
光沢のある白地にシルバーの濃く太いラインと細いラインとが重なって立体感を醸し出す袋帯は、着姿をすっきり
とした印象にみせてくれ、小さな菱模様が奥行きを与えています。派手さがなく控えめなので、年齢や色柄を選ぶことなく小紋や附下などに合わせて、フォーマルなお席や美術館、レストランでのお食事、観劇など幅広く締めて頂けるため、お手元にあるととても重宝する帯です。

帯地.jpg   着物帯.jpg
小森 袋帯 白地 優祥菱重ね

 ¥324,000-(税込)

着物サロン 帯3.jpgのサムネール画像   附下着尺 700px.jpg   きものサロン 帯締め 臙脂.jpgのサムネール画像のサムネール画像
附下 貝桶に宝づくし
 ¥270,000-(税込)
小森 袋帯 白地 優祥菱重ね
 ¥324,000-(税込)
帯揚 ちりめん 薄いイエロー
 ¥14,040-(税込)
江戸組紐 平組 臙脂
 ¥16,200-(税込)

バッグ 草履.jpgのサムネール画像   バッグ.jpg   花緒 金500px.jpg
伊と忠 稔金みそのバッグ
 ¥79,920-(税込)
伊と忠 皮本綿入草履台 稔金花緒
 ¥70,200-(税込)

今回は、30歳代の方におすすめのお茶席での装いをコーディネートしました。
落ち着いた濃紫地に、金を使用し小槌やお扇子などが描かれた宝づくしの可愛い附下です。お着物の濃紫×帯の白でメリハリをつけて着姿をすっきりと魅せ、臙脂の帯締めを差し色にして明るくより女性らしい雰囲気になる様に揃えました。また、バッグは真綿の糸に金箔を巻きつけた金糸入りの布で作られています。ゴールドなのですが薄いグラデーションになっており、品があるうえ華美になることなく、格式の高いお席でお持ちいただけます。これからの季節のお茶会や初釜といったお席に華を添えてくれる着物と帯です。



*御仕立て代は価格に含まれておりません。

*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡を頂き、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ね下さいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

秋単衣 -食欲と芸術の秋に- 

2018年08月23日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


厳しい残暑が続いております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


今回のブログは、西陣御召のご紹介です。
もうすぐ食欲と芸術の秋がやってきます。9月10月には欠かせない単衣
のお着物はすでにお持ちの事と思います。紬よりも格があり色々なシーンで
着ていただける着尺反を秋らしい装いにコーディネートしてみました。

じょうおうぎれ 300px.jpgのサムネール画像  じょうおうぎれ 生地 500px.jpgのサムネール画像のサムネール画像  竺仙 帯 500px.jpg
西陣御召着尺反 紹鷗裂 グレー地 角通し
 ¥174,960-(税込)
竺仙 唐草模様 九寸染名古屋帯
 ¥118,800-(税込)

光沢のある落ち着いた薄グレー地に、細かい四角が縦横に並んでいる角通し。人気のあるお洒落着で、合わせる帯によってカジュアルな場所から改まったお席までスーツ感覚で着ることができるので、幅広くお召になっていただけます。さらりとした肌触りに上品さと艶、独特な風合いが特徴の着尺反です。竺仙の名古屋帯は、色柄共にモダンなデザインとなっています。唐草模様の曲線がより女性らしさを強調し、シックで落ち着いたお着物に帯のお色が秋の装いを演出してくれ、大人の女性にぴったりなコーディネートです。洒落感のある帯でお友達とのお食事会や美術展などに行かれてみてはいかがでしょうか。今年は、いつもと違った装いで秋のお洒落をお楽しみください。



*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|本日のコーディネイト

投稿者|呉服スタッフ

以前の記事