スタッフブログ

葛布 秋を纏って

2020年09月09日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

9月に入り暦の上では単衣ですが、残暑が厳しく、未だに夏物をお召しになっておられる方も多いのでしょうか?かく言う私も、単衣着物には手が伸びず、普段は夏紬や濃地の小千谷縮などの夏着物を着用しています。ただ9月中旬を過ぎますと、さすがに夏を引きずる装いは野暮になります。そろそろ初秋を感じさせる装いにシフトしていきたいものですね。そんな端境期に重宝する帯が新入荷致しましたので、ブログでご紹介したいと思います。

 

葛布 200px.jpg 葛布 反 200px.jpg 証紙&葛布生地.jpg
葛布 九寸帯 生成
 ¥330,000-(税込)

 

静岡県大井川の葛布の九寸名古屋帯です。葛を採取し繊維を取り糸にして手織した味わい深い帯です。緯糸は葛ですが、経糸には群馬県赤城の座繰糸(正絹)が使われています。一般的に、芭蕉布、榀布、藤布などの自然布の帯は経糸緯糸ともに各々の糸が用いられていますが、葛布の多くは、経糸に正絹など葛以外の天然繊維が使用されています。そのため、他の自然布の帯がゴワゴワとして締めるのにコツを要するのに対して、葛布の帯は着物初心者の方でも締めやすいのが特徴的です。

また、緯糸の葛のほのかな光沢が何とも言えない艶感を醸し出し、他の自然布がどちらかと言えば素朴なのに対し、工芸的ながらも都会的な洗練された印象を与え、洋服感覚の着物コーデに取り入れやすい帯とも言えます。

 

今回新しく入荷した葛布の帯は生成色です。生成色と言っても一様ではなく、緯糸の葛のこげ茶が所々に入り表情豊かな帯です。グレーの葛布も良く見かけますが、生成色の方が秋単衣に向かうこの時期には便利に思われます。写真のように葡萄色の帯揚や帯締を乗せ、小物の組み合わせで季節感を容易く表現できるからです。上の画像では、チャコールグレーの本塩沢紬に合わせて、秋単衣のひと揃えをコーディネイトしてみました。

 

紅葉や栗といった秋を連想させる分かりやすい文様はなくとも、葛布の無地の帯はその質感だけで初秋を演出します。また芭蕉布、榀布、藤布などの一般的な自然布の帯は夏限定ですが、葛布の帯は単衣だけではなく、袷、そして真夏にも締めて頂けるオールシーズン活躍する帯だとされています。 ですが、一番相応しいのはやはりこれからの季節、秋単衣が最適でしょう。今年の秋単衣は、葛布の帯で季節のお洒落を楽しんでみられませんか?

 

 

 



 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

山下健「生絹」の帯で涼やかに

2020年08月09日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

梅雨も明け、先月日本列島を襲った集中豪雨が嘘のように、カンカン照りの日々が続いています。お盆も近付き、何かと気忙しい毎日をお過ごしではないでしょうか。猛暑日のなか、お盆の準備などで買い物に出かける際、どうしても着物での外出が億劫になりますが、そんな憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる夏帯が新入荷しましたのでご紹介します。

 

山下健 ブルー帯1  300px.jpg  山下健 ブルー帯 柄  500px.jpg  山下健 ブルー帯  生地  400px.jpg
山下健 段替染九寸帯 水浅葱色
 ¥418,000-(税込)

 

鳥取青谷在住の染織作家、山下健さんの夏の定番、生絹の帯です。「生絹(すずし)」と呼ばれる精錬していない生糸を用いて織り出された帯は、麻のようなごわごわとした質感で、繊細な表情とは裏腹に締めやすい帯です。随所に透かしが入り、九寸ですから帯芯を入れて仕立てるのですが、ほのかな透け感はそのまま持続します。夏らしい浅葱色が段替えに染め分けられ水羊羹のような配色が、着用されるご本人のみならず街を行き交う人にも涼感を与えます。また、所々に配されている矢絣が程よいアクセントとなり、静謐な中にもリズミカルな動きの要素が取り込まれた味わい深い帯です。こんな帯であれば、うだるような暑さであってもなんのその、涼やかな気分で外出したくなりますね。 

この他にも山下健さんの紙布の帯や着尺も多数取り揃えています。鳥取で山下さんの作品を常時扱っている呉服店は当店だけですので是非お出かけくださいませ。

 

 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。



*8月は下記の日程でお休みを頂きます。
お盆休み・・・13日(木)、14日(金)、15日(土)
定休日・・・19日(水)

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

自然布の角帯で夏を満喫

2020年07月01日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

いよいよ夏本番。洋服であれば、麦わら帽子、かごバッグ、サンダルなどの夏ならではの小物が気になる季節となりました。着物も薄物となりますので、バッグや草履、帯揚などの和装小物も徐々に夏物にシフトしていきたいですね。

 

今回のブログでは、天然素材の夏の角帯が二本新入荷しましたのでご紹介します。総じて女性は夏小物に敏感ですが、男性の場合、夏であっても通年使えるいつもの和装小物で済ましてしまいがちです。美は細部に宿るではありませんが、男性も女性を見倣って小物も夏仕様にこだわり、夏限定のお洒落をお楽しみ頂きたいと思っています。

綿麻の浴衣や小千谷縮といったカジュアルな夏着物に原始布の角帯を合わせると全体の格が上がり、ラグジュアリー感漂う装いとなります。是非、今年は男性も自然布の角帯で夏を満喫されませんか?

 

 

榀布もじり織角帯  500px.jpg      榀布角帯 証紙  300px.jpg
榀布角帯 もじり織り
 ¥198,000-(税込)

新潟の榀布の角帯です。新潟県村上市山熊田で採取された榀の木の芯皮を糸に紡いで原料にしています。経糸緯糸ともに榀糸で織られているため一見ゴワゴワとして締めにくそうですが、実際にお締めいただくと繊維が重なってキュッと良く締まり、着物初心者の方でも扱いやすいと思います。それ以上に魅力的なのが榀布の独特の風合いです。無地ではありますが、もじり織となっていますので所々に隙間があり、風が抜けるような涼感が演出され、いかにも夏らしい角帯です。きっとご満足いただける逸品です。

 

芭蕉布 角帯   600px.jpg   芭蕉布証紙6  500px.jpg
芭蕉布 角帯
 ¥286,000-(税込)

喜如嘉の芭蕉布の角帯です。芭蕉布は重要無形文化財に指定されているため、夏の定番素材として全国的に高い人気があります。沖縄の染織を本土でお召しいただく場合、風土が異なるため色や柄など慎重に選ぶ必要があるのですが、こちらの芭蕉布の角帯でしたら、違和感なく締めて頂けると思います。合わせる夏着物は薄地よりも濃地の縮や上布の方が角帯の素材感が際立ち、都会的にまとまりやすいと思います。年齢を問わずどなたにも好まれる夏帯です。

 

尾崎呉服店では、女性はもちろん、男性用の着物や帯、和装小物の品揃えも充実しています。お手持ちの夏着物に合わせたトータルでのコーディネートのご相談も承っています。是非、カップルでのご来店を心よりお待ちしています。

 

 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

浴衣以上、夏着物未満の小千谷ちぢみ

2020年06月15日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

梅雨に入り、鬱陶しい日々が続いています。蒸し暑いと着物を着るのが億劫になりますが、そんな時におすすめなのが、小千谷ちぢみの着物です。麻素材の縮ですので、肌に直接はりつかず、湿度の高い日でも快適にお召しいただけます。綿素材の浴衣は意外に暑く、また絹素材の夏着物はどうしても汗染みが気になります。ちょっとそこまで着物で外出、という時に、浴衣よりは格が高く、また正絹の夏着物ほど身構える必要のない、まさに「浴衣以上、夏着物未満」として気軽にチャレンジしていただけるのが小千谷ちぢみの着物です。

 

 

小千谷ちぢみ 黒 200px.jpg        小千谷ちぢみ 紺 200px.jpg     小千谷ちぢみ 蚊絣 紺地 生地 500px.jpg
小千谷ちぢみ着尺反 黒地 十字絣     小千谷ちぢみ着尺反 紺地 蚊絣
各¥138,600-(税込)

 

写真は新入荷の小千谷ちぢみです。向かって右が濃紺地に蚊絣、左が墨黒地に蚊絣よりやや大きい十字絣の着尺反です。いずれも濃地ですが、下に襦袢をお召しになると、お襦袢の白が透けて涼やかな印象を与えます。蚊絣も十字絣も飽きがこない定番の柄ですから長くお召しいただけますし、また無地場が多いので帯合わせもされやすいかと思います。科布や藤布などの自然布の帯や、羅、博多帯など、どのようなタイプの夏帯も受け留めてくれそうです。

年齢を重ねると、浴衣では気恥ずかしく、また宮古上布や能登上布では工芸的すぎて場にそぐわないと感じるシーンへのお出掛けが増えます。例えば、ママ友同士の食事会や町内の会合といったお集まりです。そんな時に最適なのが、ご紹介の小千谷ちぢみの着物です。洋服で言えばきれいめカジュアルの感覚で、ジーンズ以上スーツ未満の幅広いシーンに重宝していただけると思います。お値段も、重要無形文化財クラスが多い夏着物のなかでは圧倒的にお求めやすい価格ですので、是非、この機会にお誂えなさいませんか?

 

 

 

*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

季節の先取りは帯揚から

2020年06月01日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。

 

汗ばむ季節となりました。夏に着物を着ていると一番汗をかくのが帯周りです。帯を夏帯にするのは当然ですが、涼感漂う小物を揃えて心を配りたいですね。

洋服の世界で季節の先取りは小物からと言われるように、和装でも帯揚などの小物で季節を先取りするのが一般的です。これからの季節、着物が単衣であっても、帯などの小物から夏物に変え、夏帯に合わせて帯揚も夏物に変えましょう。先月のブログでもご紹介したように、帯締は通年お使い頂けますので無理に夏仕様にする必要はありませんが、帯揚だけは絽や麻など夏素材のものをそろそろご準備いただきたいと思います。

 

絽帯揚 太絽 500px.jpg     絽帯揚 細絽 500px.jpg

正絹 夏帯揚 太絽 左から(薄茶色 茶色 水色 緑)     正絹 夏帯揚 細絽 左から (グレー 薄茶色 茶色)
太絽・細絽 各¥11,000-(税込)

 

絹素材の夏帯揚です。絽の間隔が細いものと太いものの2種類あります。お好みでお選び下さいませ。夏の帯揚と言うと、トンボや秋草模様の帯揚を良く見かけますが、潔く無地にされた方がどのような色柄の着物でも合わせやすく、また涼し気な印象を与えると思います。さらに帯締の色にもよりますが、初夏から真夏にはグレーや水色の帯揚を、晩夏から秋口にかけてはクリーム色や茶色といった秋を思わせる色の帯揚を選ばれると、季節感あふれる上級者の装いとなります。

 

 

帯揚 麻 500px.jpg      麻帯揚  500px.jpg
麻 帯揚 手前から白、生成 各¥22,000-(税込)

 

麻素材の夏帯揚です。着物が小千谷縮や上布などといった麻素材の場合、帯揚は正絹ではなく麻のものにされると馴染みが良く、統一感のある装いとなります。また帯が麻帯、あるいは長襦袢の半衿の素材が麻である場合も、素材をリンクさせて麻の帯揚にされると、この時期らしい装いとなります。麻の帯揚の多くは縮でランダムに絽目が入っていますので、いつもよりも少し多目に帯揚を帯から出して、麻の清涼感をアピールしてもいいですね。お色目は写真の白か生成が合わせやすいと思います。

 

 

 

帯揚、帯締の配色コーディネートは季節を表現するだけではなく、着る人のセンスが一番表れる部分です。妥協せずにお選びいただく為にも、是非、お手持ちの着物や帯をお気軽にご持参くださいませ。掲載した写真以外にも多くの色の夏帯揚が新入荷しています。あわせて夏らしい籠バッグや夏素材の草履や下駄も多数ございます。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしています。

 

 

 

 

*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、電話やメールでご連絡をいただき、ご注文を承ることは可能です。気になられる商品がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|呉服スタッフ

以前の記事