山下 健 展 ―着尺と帯―

2013年10月12日(土)―12月15日(日)

9:00―18:00 毎月第3水曜日 入場無料

 山下健は、1955年、和紙の里として知られる鳥取市青谷町に生まれました 。高校卒業後、1973年に大因州製紙協業組合に入社。入社後、会社の業務で上京 し、染織家の柳悦博氏に師事、柳のもとで和紙の表現の可能性について研究を進 めます。柳の作品制作を目の当たりにした山下は染織に目覚め、これを機に退社 。生まれ故郷の鳥取青谷で染織家を志します。1976年、第50回国展に初入選。以 後、毎年出品を重ね、現在、国画会の染織部門を代表する作家として、全国的に 広く知られています。

 山下は、一貫して自然豊かな青谷を舞台に、天然染料ならではの優しく深 みのある色合いの着尺や帯の制作に取り組んでいます。板締の技法による鮮やか なコントラストをなす帯は、優しくも凛とした品格があり、他の追従を許さない 圧倒的な存在感で、特に高い評価を受けています。

 今回の個展では、板締の技法を用いた作家特有の力強い九寸帯を中心に、 生絹の夏帯、紙布の八寸帯、しずはた織無地紬から熨斗目訪問着まで約15点の作 品を一堂に展示し、独自の感性と表現による山下健の世界を紹介します。

ギャラリー・トーク

2013年10月12日(土)14:00―15:30

講師:山下健氏(染織作家)

会場:gridⅠ 聴講無料 先着30名

オープニング・パーティー

2013年10月12日(土)16:00―18:00

フード&ドリンク(Kimono Girls)

会場:gridⅠ 参加無料

《訪問着 絵羽 グレー濃淡 熨斗目》
2013年

絹、手織 着尺

《訪問着 絵羽 緑濃淡 花織》
2013年

絹、手織 着尺

《無地紬 しずはた織 びわ葉染め》
2013年

絹、手織 着尺

《無地紬 しずはた織 栗茶》
2013年

絹、手織 着尺

《無地紬 しずはた織 矢車染》
2013年

絹、手織 着尺

《紬 渋木地 縞》
2011年

絹、手織 着尺

《九寸帯 板締 綾格子金茶グレー》2013年

絹、手織 帯

《九寸帯 板締 綾格子茶グレー》2013年

絹、手織 帯

《九寸帯 板締 縦縞 茶・グレー》
2013年

絹、手織 帯

《八寸帯 紙布 縦縞》
2013年

絹、手織 帯

《九寸帯 段替吉野格子 緑》
2013年

絹、手織 帯

《九寸帯 段替吉野格子 黄》
2013年

絹、手織 帯

《夏 九寸帯 替り市松(緑)》2012年

絹、手織 帯

《夏 九寸帯 替り市松(ブルー)》2013年

絹、手織 帯