尾﨑悌之助名作展

2016年11月17日(木)-12月30日(金)

9:00-18:00(最終日は17:00まで) 毎月第3水曜日休 入場無料

grid Ⅰでは、今回、尾﨑悌之助(1910~1986)の画業を彩る代表作を展示します。 二度の外遊の成果として残されたヨーロッパの風景、個人的な交流や追想をモティーフとした人物画、故郷鳥取の自然や風物に触発された作品、そして晩年のモノクロームの絵画にいたる悌之助の画業を、特に大作を中心に展示して、その魅力に触れていただきます。 なお、没後30年の節目にあたる今年、この展示の会期中(11月17日(木)~28日(月))、gridから歩いて3分ほどの距離にある川端画廊にて「没後30年記念 尾﨑悌之助展」を同時開催いたしております。こちらは小品が中心の展示となります。あわせて御高覧下さい。

《闘牛場の壁》1961年
油彩・キャンヴァス

《トレド》1961年
油彩・キャンヴァス

《I氏像》1954年
油彩・キャンヴァス

《老人と石造》1956年
油彩・キャンヴァス

《幻想》1954年
油彩・キャンヴァス

《大山南壁》1971年
油彩・キャンヴァス

《赤い柵と汽車》1959年
油彩・キャンヴァス

《こま犬の怒り》1981年
油彩・キャンヴァス

《古代ギリシャへの夢(B)》1971年
油彩・キャンヴァス