スタッフブログ

帯で先取る今年の夏

2016年05月25日

皆様、こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。


日中外にいると汗ばむような日が増えてきました。
本来衣替えは6月からとなっていますが、最近では気候に合わせて5月から単衣にされる、という方が多く、
当店のスタッフもすでに単衣に袖を通しています。
いよいよ夏着物や夏帯が欲しくなってくる季節の到来です。


本日のブログでは、今の時期に最も手に入れておきたいアイテム、夏帯をご紹介します。
まだ少し夏着物は早いという時、着物は単衣でも帯を夏用にされると、見た目も涼しく、
季節を先取りした着こなしが可能です。
早目に夏帯の準備をしておけば、あとは帯締などの小物で季節の微妙なニュアンスも表現できるので、
これからのコーディネイトで大変重宝します。
今回当店がお勧めするのは、先日入荷しました商品を中心とした3本です。
フォーマルなもの、お洒落着の時に締めたいもの、カジュアルなもの、それぞれご用意しましたので、
シーン別の装いを想像しながらご覧下さいませ。


夏袋帯.JPG 夏袋帯 アップ.JPG 
都織物 袋帯 菱取楽風文
 ¥194,400-(税込)
夏の日差しを受け流すような、白さが眩しい夏袋帯です。
菱取の中に丸みを帯びた笹や唐草といった模様がふっくらと織り出され、
パステルカラーと相まって優しい雰囲気を醸し出しています。
余白のあるすっきりとしたデザインが、洗練された印象を与える一本です。
控えめな柄の単衣の附下に合わせて色数を抑えた装いにされると、帯の白が一段と着物に映え、
より夏らしい爽やかなフォーマルスタイルを演出できそうです。


九寸染帯.JPG 九寸染帯 アップ.JPG
九寸帯  赤、グレー縞
 ¥248,400-(税込)
半分以上を黒で染め上げた生成地に、赤とグレーの縦線がすっと入っています。
節の目立つ帯地は素朴な風合いを持ちがちですが、柄ゆきがモダンなため、
きりっとシャープな印象を与える一本です。
絣との相性が良いので、十字絣などの細かな柄の着物に締めて帯自体をメインにされると、
無難に終わらない、帯の個性を活かした装いになると思います。
洒落感がありつつ、くだけすぎない大人の装いをなさりたい時に最適です。


科布帯.JPG 科布帯アップ.JPGのサムネール画像
八寸帯 榀布
 ¥388,800-(税込)
カジュアルに締めたい夏帯をお探しの方にぴったりの、榀布の八寸帯です。
縦糸同士を絡ませ空隙を生み出す「もじり織リ」によるリズミカルなデザインが、
風が通り抜けていくような涼感を漂わせます。
無地の榀布の帯だとコーディネイトしやすいかわりに、少々物足りなく感じることがありますが、
こちらは帯に表情があるため、シンプルになり過ぎる心配がありません。
きっと、ついつい手が伸びてしまうお気に入りの一本になるのではないでしょうか。


*御仕立て代は価格に含まれておりません。
*当店では積極的なネット販売は致しておりませんが、
電話やメールなどでご連絡を頂き、ご注文を承る事は可能です。
気になられる商品がございましたら、どうぞお尋ね下さい。


"竺仙浴衣フェア"
-ふたりで楽しむ-
2016年5月2日(月)-7月31日(日)

女性、男性浴衣反ともに豊富なラインナップで皆様をお待ちしております。
是非、竺仙の素敵な浴衣姿で夏のイベントにお出掛け下さいませ。

カテゴリー|新商品

投稿者|都