スタッフブログ

尾崎呉服店 店舗建築ほか受賞のお知らせ

2012年01月13日

寒中お見舞い申し上げます。
早いもので、尾崎呉服店は新店舗で営業を始めて足掛け3年目の年を迎えました。
2012年も皆様の美しい着物生活のお手伝いをしてまいりたく存じます。
ご挨拶が遅くなりましたが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


昨年のことですが、尾崎呉服店の店舗建築に関して、新たに2つの賞を受賞いたしましたことをご報告いたします。


まず、"第10回芦原義信賞"奨励賞を、設計を手がけていただいた竹中工務店広島支店設計部の門谷和雄氏、秦敏彦氏のお二人が受賞なさいました。


最優秀賞に当たる"芦原義信賞"は、このたび該当作品なしということで、優秀賞1作と奨励賞2作の計3作品が受賞しました。
今回の奨励賞は尾崎呉服店の店舗と、隣接する尾崎邸の両建築に対しての受賞です。
建築物そのものだけでなく、それを取り巻く環境や文化、コンセプトも評価対象とされました。
尾崎呉服店と尾崎邸は、既存の伝統的な日本家屋と斬新な現代建築を対比させ、老舗呉服店として新たな出発を果たした点が評価されての受賞です。


過去に受賞した際に何度かご紹介しましたので、簡単に受賞建築をご紹介します。
社屋と新居(夜景)_picnik.jpg
尾崎呉服店店舗兼社屋(左)と尾崎邸(右)
店舗入口の正面から見た外観です。


呉服店全体.jpg
一階呉服店東側から全体を臨んだ店内の様子です。


1階から階段.jpg
呉服店、質店、アートスペースという全く異なるジャンルで形成される三層構造の建築を貫く階段です。


質店_picnik.jpg
2階の尾崎質店、預かりカウンターです。


gridⅠ.jpg
3階のアートスペース"gridⅠ"です。
現代美術や着物、山陰に関する独自の企画展を展開しています。


gridⅡ.jpg
同じく3階の"gridⅡ"です。
尾崎家13代目、洋画家として知られる尾崎悌之助が遺した作品を常設展示しています。


そして、同時に受賞した尾崎邸の内部がこちらです。
尾崎邸 ダイニングから中庭_picnik.jpg
尾崎邸リビングダイニング。


尾崎邸 ゲストルーム_picnik.jpg
"grid"の企画展出品作家や遠方からのお客様にお泊りいただくゲストルームです。


尾崎邸 書斎2_picnik.jpg
採光にグリッド構造のガラスブロックを使った書斎です。
尾崎邸は随所に旧家屋の建材が活かされ、現代的ななかにも伝統と歴史を感じられる構造になっています。
店舗、住居を通じて、「グリッド(格子)」状の構造がテーマとなっており、異なる空間を内包するそれぞれの建築物が統一感をもって存在することに重点が置かれました。


さらに、全国の優れたサインデザインに対して贈られる"第45回SDA賞"空間・環境表現サイン部門において、尾崎呉服店のショウウインドウを中心とした空間デザインが入選いたしました。


尾崎呉服店入り口横の、印象的なモアレ調で表現された部分は、尾崎悌之助が描いた七宝つなぎの意匠をモチーフにしています。
この七宝つなぎ文様は、長らく尾崎呉服店のメインイメージとして包装紙や紙袋に使用されてきたものですが、2010年の新店舗建築にともない、店舗の顔とも言える正面ウインドウにこの意匠を大胆に採り入れました。


ショウウインドウ正面.jpg
尾崎呉服店ショウウインドウです。
(ここまで 写真撮影:古川泰造)
モアレ.jpg
商品をディスプレイする横長のウインドウを囲むガラスのモアレ構造は尾崎悌之助の筆による七宝つなぎ文様をモチーフとしています。


紙袋大.jpg
紙袋小.jpg
尾崎呉服店のショッピングバッグや包装紙にも、この七宝つなぎ文様が施されています。
小物をお買い上げの際にお渡しする小さなサイズの紙袋は季節に応じて4色をご用意しております。


また、尾崎呉服店オリジナル商品にもこの意匠が活かされています。
レターセット.jpg
因州和紙を使用したオリジナルレターセット。
P1010495.jpg
オリジナル手ぬぐい。


尾崎呉服店新店舗は昨年より何度か賞を受賞していますが、
思いを込めて創り上げた建物と頂いた賞に恥じることのない呉服店であるよう、スタッフ一同努めてまいりたいと思っております。


過去の受賞のお知らせは

こちらこちらをご覧ください。


尾崎呉服店では、新年1月4日(水)から1月29日(日)まで
"フォーマルの着物特集"を開催しております。
これからの卒業、入学シーズンへ向けて、ご自分らしい晴れの装いをお探しください。
皆様のご来店をお待ち申し上げております。

カテゴリー|尾崎呉服店の建築

投稿者|前田