スタッフブログ

山下健展開催中 着尺と帯のご紹介

2013年11月30日

皆様こんにちは。
鳥取の尾﨑呉服店です。
今年は、例年より早く雪がちらついていますが、
いかがお過ごしでしょうか。


本日は、現在アートスペースgridⅠにて開催中の山下健展の展示作品の中から、これまでのブログで未紹介の着尺と帯をご紹介致します。

グレー.JPG しゃりんばいアップ.JPG
栗茶.JPG くり茶アップ.JPG
無地紬 しずはた織 (上)矢車染 (下)栗茶
¥630,000-
浮織の一種、「しずはた織」の着尺反です。
柔らかな光をまとう様な軽さ、繊細さが魅力です。
濃いお色めの無地紬は、これからの季節に最適です。
大胆な柄の帯をコーディネイトされてはいかがでしょうか。


黄段替帯.JPG 黄色アップ.JPG 
緑段替帯.JPG 緑アップ.JPG
九寸帯 段替吉野格子
¥525,000-
鮮やかな色合いが魅力のリズミカルな吉野格子の帯です。
工芸色の強い吉野格子の帯は、シンプルなだけの帯では物足りない時に、大変便利です。
山下氏の無地紬に合わせて頂くと、着物らしい装いが完成します。


板締帯.JPG P1090678.JPG
九寸帯 板締
¥525,000-
柔らかな色のグラデーションの中に縞の入った、気品ある帯です。
山下氏の凛とした強い意志を感じる作品です。


紙布白い方.JPG 紙布アップ.JPG
八寸帯 紙布
¥420,000-
素朴で力強い、それでいて、しなやかさも表現された作品です。
オープニングの際のトークで、作家から紙布の制作工程をご説明いただきましたが、
和紙を裁断し、紙縒り、糸状にして織るという、一連の手作業を通して、一本の帯が出来上がります。
山下氏の地元青谷の和紙を使用した、鳥取らしい控えめながらも静かに主張する紙布の帯です。


山下 健 展 ―着尺と帯―
2013年10月12日(土)―12月15日(日)

開催期間も残り少なくなってまいりました。
まだご覧になられていない方は、是非、ご高覧下さい。


1階尾﨑呉服店売り場では、"長襦袢フェア"を開催しております。
長襦袢特有の大胆な色、柄で着物姿にスパイスを加えてみられませんか。
ご来店お待ちしております。

カテゴリー|grid

投稿者|森田